blockchain

Toyz Tokenについて【気になる海外メタバースプロジェクト】

toyztokentoha

こんにちわ

日本酒大好き、あいつの気持ちです。

マイナーですが知る人ぞ知る、地元の名酒 「菅名岳」

辛口です。

菅名岳 大吟醸 720ml

…菅名岳を飲みながらつらつらと、今日はちょっと気になる海外メタバースプロジェクト

「Toyz Token」

toyztoken

公式はこちら↓
Toyz Crypto.com

通貨は$TOYZ(トイズ)、カナダのプロジェクト

こちらのプロジェクトについて書いてみました。

どこのCEX(central exchange)にも上場されていませんが、PANCAKESWAPやTRUST WALLETで購入できるようです。

あくまでも個人的に興味があるプロジェクトなので、胡散臭いと思わずに読んでいただけたら幸いです。

なぜ気になるのか、その理由

・売買で得た利益をチャリティーに寄付しています
・Crypto学習アプリのデザインを開発
・これらの取り組みは子どもたちのために行われているということ

子どもに特化したプロジェクト、という点がストロングポイントでしょうか。

子育て世代のあいつにとっては非常に気になるものです。

それでは、概略に迫ってみます。

Toyz tokenの目的

ホワイトペーパーからの引用です。

Toyz Tokenは、援助を必要としている子どもたちとその子どもたちを支援する家族のために作られた暗号通貨です。
私たちは様々な問題を発見し、解決したいのです。
お腹を空かせて学校に行く子ども達、家計のやりくりに苦労している家庭、
若者の間で高まるホームレス化や犯罪率、子どもの医療費が支払えない家庭。
私たち自身だけでなく、次の世代の子どもたちの未来でもあります。
私たちはこの子たちを育て、成長させなければなりません。
私たちのトークンを通じて、病人や弱者、貧しい人々の問題を解決するのです。
引用:Toyz Token Whitepaper

さまざまなブロックチェーンやプロジェクトが乱立する中で、子どもにフォーカスしたものは初めて聞いたような気がしました。

このプロジェクトに投資することは、すなわち寄付になるということのようです。

その点だけでも、あいつは興味を惹かれております。

あいつはちょろいのです。

また、将来的には以下のような目的もあるようです。

・ディズニーランドで$TOYZが使える
・$TOYZでレゴが買える
・子ども向けゲームやアプリの自社開発

知ってる名前が出てくると、ワクワクしてきます。

夢がありますよ〜!

メタバースへの参入

Toys Arcadeというメタバースが2022年にプレイ可能になるようです。

 

Toyz Tokenを通貨としてメタバース内でアーケードゲームができるようになります。

現在、OpenSeaでNFTアートも販売しております。これらの作品の売り上げもチャリティーに寄付するとプロフィールで謳っております。

どのようにデプロイされていくのか今後が楽しみです。

歴史 – 2021年のトピック –

2021年発のプロジェクトのため歴史は浅いです。

以下2021年の主な出来事です。

・2021年8月
PANCAKESWAP V2にUSDT/TOYZペアが追加される
BABY SWAPにUSDT/TOYZペア上場

・2021年9月
ウェブサイトリニューアル
ホワイトペーパー再設計
FEGEXにETHペアで上場

・2021年11月
Instagram・Youtubeアカウント作成
TOYZ ARCADE研究開発開始

Toyzが変える世界を期待して

toyztokenfuture

僕らが使用することでチャリティーに寄付されるといったことが本当に起きるのであれば、それは間違ったプロジェクトではないことは明白です。

子ども達のためのトークンに夢を持つのも悪くないかな、と思います。

しばらく注目してみたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではお酒の続きを。

KP〜。

(おしまい)