建設

建設作業員だけど現場監督になれる?年収アップできる?

こんにちわ

建設業に従事している

あいつのきもちのアイツです。

建設現場へ行くと

20〜40代で
所有資格(建築士・施工管理技士)無し
家族構成は妻1人と子1〜2人

の作業員の方からよく受ける質問や相談がこちら

建設作業員だけど現場監督になれる?年収アップできる?

結論、なれますし年収もアップします。

実際に作業員から監督へキャリアアップした友人・知人が2人います。

配管工だったA氏は20代後半に、左官工だったB氏は30代半ばでキャリアアップを果たしてます。

では具体的にどういった行動をとればいいか解説します。

転職

まずはとにかく転職しましょう、ジョブチェンジです。

ただし資格がないので高望みは出来ません。

それでも現場監督になることが第一ステップなので以下のような条件の会社を彼らは選びました、それが

施工管理業務で未経験者歓迎のハウスメーカー(もしくは地元工務店)

なぜか

戸建て住宅の場合、建築士や施工管理技士がなくても現場の担当にはなれます。

なので現場監督して経験値を積むことができます。

注意してほしいことは

未経験者歓迎という会社はブラック率高いです。

お子さんもいる家庭環境だと作業員からのブラック監督は正直しんどいと思います。

その辺は家族の理解も得た上で、慎重に。

逆に考えるとブラックということは短期間でかなりの仕事量ということと捉えると

成長度合いは高いと思います。

施工管理業務はもちろん、エクセル、ワード、パワポ、JWCADも転職した際に使えるようになりましょう

普段の業務で使用すると思うので自然と覚えます。

この辺のソフトが使えない年配の方が多いのは施工管理あるある。

使えないから心配…ってならなくても大丈夫、使えてない人もいますから。

そしてここでの目標は資格取得です。1級建築施工管理技士がとれればいうことないですが、最低でも2級建築施工管理技士取得しましょう。

資格取得後 また転職

資格をゲットしたら次はホワイト企業を目指します

求人情報サービスへ登録すると保有資格や職務経歴から最適な企業を紹介してくれます。

リクナビNEXT
マイナビ転職
建設・設備求人データベース

上記が無難かと思います!(体験したから)

コネも重要

上記の求人サイトからホワイト企業の情報をしいれたら、そこと付き合いのある現場関係者や知人を探して相談すると良いです。

思わぬ紹介があるかも

たまたま○○ハウスの○×課長が監督ほしがってるとか

来月から人減るからいい人いたら紹介してくれって言われてる

など求人サイトでは手に入らない情報があります。

紹介だと面接まで漕ぎ着けやすい

エントリーしてくる人と知ってる人からの紹介を比較したら当然後者の方がとっつきやすいですよね、共通の知り合いがいるだけでお互い安心感があります。

ちなみに作業員→監督ではありませんが、中小零細地元工務店→一部上場ハウスメーカーに取引先経由で紹介してもらい3ヶ月で内定、入社を決めた知人がいます。

紹介が全てうまくいくわけではありませんが使える手段は全て選択肢にいれておきましょう。

まとめ

建設作業員は現場監督になって年収アップできます。

敷居の低いハウスメーカーや地元工務店へ転職  ここで年収300ー400万

資格を取得して経験を積んで

求人サイトを活用して、出来たコネを駆使して 500万以上の年収へ

大手に転職出来た知人は 700万にアップしたそうです。

必ずうまくいくわけではないかもしれませんが行動あるのみです。

それと、まずは求人サイトに登録しておくこともお勧めします。

なぜなら、どのような企業がどのような条件で求人を出しているかより詳しく知れるからです。

また、キャリアプランナー的な人と話すことによって自分の持っているスキルが通用する
企業や職種を客観的に提案してくれるので非常に勉強になります。

しつこいようですが、まずは行動あるのみ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

頑張りましょう!

おしまい